今回のスタビライザー紹介はGlidecam HD1000です。軽量カメラのスタビです。カメラ1.3kgまでが使えます、でも錘を足せばもっといけます。実際私は5DⅢを乗せてたときもあります。

これが全体です。実際のステーはもっと短いです。これはカスタマイズしてます。

P1010166P1010171

ここが上部のプレートです。クイックシューも付けてあります。

P1010169

ここがギンバルです。

P1010169

ステーの部分です。左右に4センチ位の伸び縮みします。

P1010165P1010176

これがグライドカムの錘です。

P1010163

使用感想は軽量で携帯性に優れています。ステーを短くして撮影すればじゃまになりません、人混みの中もOKです。

カスタマイズすると、ヨーイングはまったく出ません。スレッドが細いのでパーンさせるのが大変です。

Glidecam HD1000で撮影したのがこれです。いや〜今見るとお恥ずかしいね。階段撮り下手です。



カスタマイズしたグライドカムの撮影はこれです。ヨーは殆ど出ませんが、左右にローリングしてます。そよ風で揺れます。抑えに掛かるとピッチもヨーも出てきます。軽いスタビの限界をこの時感じましたw