MoVIでテスト撮影をしてきました。
肝心なYAW軸の変な動きは直っていません。設定のさじ加減が出来てないみたいです。
もう少し追い込みます。
 オープニングはこんな感じです。
QuickTime Player001
QuickTime Player002
まさかと思いますがアタッチメントのこれが悪さしてるってことあるのかな!?
ハンドルと本体が外せるパーツです。
QuickTime Player003
いつもこの靴はいて撮影しています。かかとから指先までAIRです。
この体を支えるのはこれが一番です。
QuickTime Player006
本来逆さ撮りしたときは自分が入らないようにしていますが、今回は帽子を見せたいので写してます。
2カ所あります。
QuickTime Player007
Freeflyの帽子です。
QuickTime Player008
 ローリングシャッター現象初めて見ました。
本当に斜めってます(^^)
QuickTime Player009
もう一つ初めて撮影出来ました。
キレイな夕日です。心癒やされますね!
QuickTime Player010
とりあえずアタッチメントは外してYAWの設定を追い込みます。
上手く言えませんが、反応しなくていいところで動いてしまうんだよね〜!

今回トリックと言うか撮影でフェイントを掛けてみました。
絶対右に走って行きそうで実際は左に行きます。

撮影時に持ち替えをしています。
一瞬変な感じになりますよ!これは人間が勝手にイメージするのが原因です。
全然フェイントを感じなかった人は私の動画の癖を知らない人です。
撮影している私自身が右に行こうと思っていましたからね。
QuickTime Player011
3分24秒からです。この絵の方角に行きそうでしょう!?

で、PVみたいに撮影・編集したのがこれです↓
 
このブログを読んでから見た方が楽しめますよ(^^)

以上です。