今回はワンマンオペレートを可能にした「Follow frame mode」の話です。このモードが無ければ今の撮影は無理だったでしょう。ブラシレスギンバルを動かすためには、制御するコントローラーが必要です。
そして私はAlexmosのコントローラーを使っています。 特に走り撮りをするときなどにFollow frame modeを使用しないと一人では無理です。
QuickTime PlayerScreenSnapz002
コントローラーの設定はどうするの!?設定をするためのGUIというソフトを使います。
ソフトの中のPIDの設定とパワー の設定を駆使してピッチングで上を向くようにまで設定を詰めることが大事です。
この写真はYaw(パーン)です。
QuickTime PlayerScreenSnapz003
 これがPitch(チルト)です。
QuickTime PlayerScreenSnapz004
これがPitch下向きです。
QuickTime PlayerScreenSnapz005
フォローモードは素晴らしいです。
QuickTime PlayerScreenSnapz006
そのために習得しなければならないのがPIDの設定です。 これがまた難しいのなんのって、始めはさっぱり解りませんでした。マニュアルという物が無いからです。試行錯誤からやっとここまで来ました。最低このビデオみたいな設定をしなければ楽しい映像は撮れません。
PitchとRowのミックス・・・要するに ピッチングで上を向かせて、そのまま左右に動かせるまでが出来るように調整しましょう。
で、今回の撮影がこれ↓