お世話になります(^^)S-Monsterは良い感じになりました。仕事が忙しいのと地元の選挙が始まるので慌ただしい毎日です。
始めはNebula4000Liteの設定についてです。
相談される方の6割はROLLの傾きで悩んでいます。
これは8bitのコントローラーは当たり外れがありますのでしょうがないです。私自身8bitのコントローラーを10個以上いじったことがありますが3割がそれでした。
ダメな奴は何をしてもだめでした。

対処は「Nebula用のジャイロ補正の2つを掛け直してみる」これはみんなやってますよね!
次は12Cエラーが出ている場合はIMUセンサーにフェライトリングを付ける、できればROLLモーターにも取り付けて下さい。
これでも直らない場合は32bitのコントローラーに変えましょう<(_ _)>

GUIについてです。
SimpleBGC_GUIApp001
2.40はGUIとしては初期型なので最新のGUIみたいにかゆい所に手が届きません。
なのでその中で頑張って設定するしかありません。

NebulaのYAWゴリゴリ感はPOWERが無いのとモーターの癖です。モーターの直下を持つのでより感じてしまいます。
「YAWのゴリゴリ感がある、YAWが脱力してしまう」件ですがこれはできる範囲でこのようにして下さい。
BlogPaint
Iは0.01か0.02にする。DはPの数字より大きくする!上の様に50だとモーター音が出てダメですが、Pが35ならば36から徐々に上げていき粘る、そして脱力しない数字を探します。
この時モーターの振動や音が出るときはもう限界なのでそこで止めます。

これはPITCHモーターにも言えます!なのでこのGUIだと上のようにそれ以上上げられないのです。

32bitに変えるとこのモーター音がフィルターで消えますので粘る設定がし易いです。
これが変えてねと言った理由の1つです。

次に、フォローモードで調整します。
SimpleBGC_GUIApp003
デットハンド角は12〜15で良いと思います。カーブも大きくします60〜80は必要です。
吊り下げタイプと違うところはこの設定値です。

ここはPITCHを-180と180にして下さい。8bitだと180度までしか動きません。
32bitに変える理由2つ目です。
SimpleBGC_GUIApp004
もう一つの滑らかさはここで設定します。
SimpleBGC_GUIApp005
一番右にあるLPFです。Nebulaのモーターはピタッと止まるので上記のように大きめの数字になります。
以上です。
私も解体したNebula1台持っていますので時間があれば32bitにしたものを作っても良いのですが、仕事とS-Monsterでパンク状態です(^_^;)

是非!皆さんは32bit化にチャレンジして下さい。もう傾きを気にすることは無くなります!
それからバッテリーのカスタマイズもして下さい。

設定で言い忘れたところがあるが・・・もういいでしょ!

Nebulaを使う人は多くを求めちゃダメです。コンパクトで軽いだけで満足するべきです。
これから私のブログを見てNebulaを買った人が沢山いますが、これからと言う人は止めましょう<(_ _)>
後継機の32bitを買って下さい。

S-Monster32bitのフィルター設定の話をしようと思いましたが次回にします。
以上です。