お世話になります。
片手持ちもでき、両手持ちもでき、 反転モードも自在にでき、モニターなども取り付け可能なコンパクトグリップシステムはこれだ!
 41
まだ現場で使っていないので何とも言えないが、倉庫の前を走ったりして使って見たが良い感じだ(^^)
47
W230mmしかないので両手持ちのまま走るのにはピッタリの間隔です。
12
吊り下げはこんな感じだ!
30
じゃ!これはどうすれば組めるのだろう!?既製品リグパーツで組み上がります。
一応、写真を貼っておきますので興味の有る方は自分で調べて下さい。
Google Chrome029
Google Chrome030
Google Chrome031
Google Chrome032

 15φのロッドはいつもの50ミリを繋げるより長目のを用意した方が良いと思います。

次は走り撮りの設定についてです。
前回PIDオート設定で出てきたのがこれですよね。
Google Chrome033
 このまま使うと走り撮りまで耐えられるのでしょうか!?
少しテストしましたが振動を拾ってしまいます。

PIDは全部上げないとダメです。YAWのDは異常なほど高くなります。
結果から言うとPIDだけではダメで、LPFも関係します。

PIDをいじれば直進では振動を拾わなくなります。しかし激しくコーナーを廻ったりすると大きい揺れが出ます。
これを無くすカギはやはりDの調整が肝になります。それと他の細かい設定です。

この走り撮りまでやりたい人はエスモンユーザーの極一部だと思いますので、ここで全部の設定を書くのは止めます。

ここで言っておきますがここまでの追い込んだ設定が万人に使いやすいと思いません。
自分の撮影スタイルを考えて設定はして下さい。

次です。走り屋達よ!
エスモンでも走り撮りはできますので安心して下さい。本当のことを言うと以前YuoTubeにアップしたのが酷かったので2日掛けて直してありました。

まだ細かいところが完成していませんが90%の力は発揮します(^_^)v
この設定でパンをしようがコーナーを鋭角に曲がろうが振動は一切出ていません。
万が一、これで振動拾う人は走り方の練習した方が良いでしょう!

この内容はメンバー専用リンクファイルに入っています。
Finder006
このデータを使って機械が変な動きをしても知りませんからね。

YAWのPIDのIは実際に撮影して自分の会う数字にして下さい。
覚醒したエスモンを是非実感して下さいm(_ _)m

歩き撮りで取る人はここまで追い込まなくて良いです。Pの2倍近くをDに与えてやれば力強く動くでしょう。

それから最後にエンコーダー化再設定のコツです!
グリグリする時にカメラらが動いてしまう場合は、PIDの数字を下げてやれば簡単にエンコーダー化できます。そしたらエンコーダーが掛かってから元の数字に戻して下さい。
無理矢理に強い設定でやるとエンコーダー掛かりませんので注意して下さいね(^^)

以上です。


追記です!
GUIソフトは2.56b7を使う方が賢明です。
2.56b8はバグが有りますしエンコーダーの設定関係で不具合を起こします。 
もちろんファームウエアは最新でOKですm(_ _)m