お世話になります。
 走り撮りの設定をアップしましたが、その検証も兼ねて撮影してきました。久しぶりにメインチャンネルにアップできました。
Finder007
走り撮り設定の弱点が解りました。
旋回撮影が弱かったのです。これは設定直してから撮影しましたがこんなシーンに弱いんです。
QuickTime Player040
 ROLLの振動が出ます。

最終的に設定を直したら凄く安定してきました。これらがそうです!
QuickTime Player036
QuickTime Player037
 前回の設定で撮影したのがこれらです。
QuickTime Player038
QuickTime Player039
 直進系はなんとかなるみたいですね。

最後のこのシーンですが以前ではこんな凸凹だとブルブルしてましたが、若干の振動しか出なくなりました。
QuickTime Player042
 基本的に走り撮りは14mmレンズで撮影して、歩きのシーンは36mmレンズにしました。
QuickTime Player043
QuickTime Player044
 ソニーのカメラには解像度が落ちない超解像ズームがありまして、それを使ってみました。

まとめ!
前回の設定のままだとダメです。ROLLの数値を上げましょう!
絵に描いたモチでは究極の撮影は出来ません。
気持ちいい動きや操作感が振動の出ない撮影をできるのではないと言うことを理解すべきです。
目先の数字だけを見るので無くて実際の撮影で数値を決めることです。

今回の私はほぼMAXで走りましたがどうしても振動を誘発してしまう走りでした。
先ずは自分の限界を知り、その範囲内で走るのが大切です。

やり方は普通の状態から約20センチ体を沈めます。その状態で上下動が出ないで走れる範囲内が走り撮りです。

いつもの走り撮りより速かったでしょう!?
観るには走り撮りは疾走感があって気持ちいいですが、撮影者は地獄です(^_^;)
ヒザが痛い〜!コンドロイチン下さい!

そんな撮影をしたのがこれです。
 
撮影している時は、もう振動は出ないと思っていましたが見直すと出てましたね。
エスモンでもこの位まででしたらやれると言うことをご理解下さいm(_ _)m

直した設定もメンバーリンクファイルにアップしておきますので、使いたい方は使って見て下さい。
走る気が無い方はこの設定使う必要ないです。

設定を征す者はBGを征す!です。
RONIN Mを買えば振動は出ないで使えますでしょうかという質問を頂いていますが、RONINも振動は出ます。RONINは剛性が高い分ROLLに負荷が大きく掛かります。これはRONINのオートでは対応出来ません。設定を探さないとダメなんです。
究極の走り撮り設定をしようとするとモーター音が酷くて下げるしかありません。ノッチフィルターがついていないのでその設定は厳しいと思います。

そう考えるとAlexは頼りないけど頑張っていますよね。

そんな中、オススメするのはこれです。
Nebula4200です。それもこれが良いです。
Google Chrome034
エンコーダーじゃ無いのが辛いが、この剛性は凄いです!
私ならNebula4200で走り撮りまで設定できると思います。

要は剛性が無いのは究極の走り撮り設定はできません。
揺れが揺れを呼んで振動を沢山拾ってしまうんです。
小走りまでは使えますが走りは無理です。
でもこのNebulaなら行けそうです。5軸のはダメですよ!

お金持ちの方や設定も勉強したい方は、もちろんエスモンを買って下さい(^_^;)

以上です。