お世話になります。今回で最終ですm(_ _)m
第2の難関!
【フィルタータブ】
こんな感じの設定をします。
SimpleBGC_GUIApp099
私にとっての最大の難関なのがノッチフィルターです。
ここの設定が上手くいかないと強い設定が出来ません!それは強い設定をする時にはモーター音が絶えず鳴り響きます。
これを消さないと妥協した設定になります。結果的に弱い設定で少し小走りした程度でも振動を拾ってしまいます。
ソフトクリーム型はYAW軸を強固にしないと使い物になりません。何が何でも共振音や駆動音を消しましょう!

これはAlexの姿勢にも現れていると感じます。なのでローパスフィルターの設定項目が増えたのだと思います。要は妥協しないで消して下さいと言っていると感じています。

同じカメラで設定していてもアプローチは沢山存在します。
以下の2タイプはどちらもモーター音が完璧に消えています。
SimpleBGC_GUIApp100
SimpleBGC_GUIApp101
振り返って私はどれが有効だったのか見当もつきません。

私の場合です。
モーターの音を聞いて音が低いか高いかを聞き分け数字を入れています。神懸かったことをやっています(^_^;)
今まで何十時間も格闘していたので、最近では早い時間で探せるようになってきました!慣れとは恐いものです。

じゃっ!コツ①です。
メンバーの方はリンクファイルにはエンコーダータイプも含めて何種類かのフィルターの設定をしています。それらの数字を見て真似から入って下さい。そしてオンオフを繰り返してこの音はこの周波数当たりで効いているのかと学習して下さい。

コツ②です。
例えばYAWモーター音が一箇所だけ消せないとします。そんな時はROLLモーターに数字を入れたりすると消えたりします。要はモーター同士が連動しているんです。

音には単独で鳴るものと、連動して鳴るものがあるのだと理解しておくと解決は早くなると思います。

パンしながら音が鳴る時は連動型なのでYAWモーターだけで解決しない場合はROLLモーターにも数字を入れましょう。

例えがPITCHモーターは高い周波数の音が出ます。以前では駆動音は消えないと思っていましたが、これも連動性で出ているのが殆どです。ピッチングしているときに鳴り出す音は全て連動性です。
こんな時もROLLモーターにも数字を入れてやると消えます。


これは大事なことです。
PIDオート設定を掛けるときはここのチェックを入れて下さい。
BlogPaint
ここのフィルターがチェックされていると以下に数字が入ってチェックもされたりします。
SimpleBGC_GUIApp102
実際にオートを掛けて出てきたのが上記なんです。
ここは有効に使いましょう!

但しこれが正解というわけでもないんです。チェックを外したりして確認をし1つずつ消していきましょう。この作業は結構癖になったりします(^_^;)

神懸かった話をもう一つしますと、動かした時の一瞬の音は馴らすことで消えてきますので少しの期間そのまま我慢するのも有りです。論理的じゃ無いので説得力に欠けるね(^_^;)


本当はこんな感じで音を録音して探すらしいです。
詳しい方は是非!教えて下さいm(_ _)m
 

私はBMMCC用にプロファイルを作りました。

普通撮りから小走りまで行ける設定1個と、清水寺からダイブしたり走り撮りまで出来る設定2個を作ってあります。
強いタイプの設定は重いカメラでも対応出来る万能設定です!
私の中でですが、今の段階でエスモンはほぼ完成しています。

因みに私のエスモンではモーター音は一切出ません!

どうしてもモーター自体の個体差があるので音が鳴る時は貴方が直して下さい。

一般の方はモーターそのものが違うので今回の数字を入れても効かないかも知れません。
ご自身で探して下さい後は貴方次第です!


さぁ!如何だったでしょうか!?
これで完結です(^^)

細かいディテールの所は文章では説明しきれなかったです。ごめんなさい<(_ _)>

【日常のメンテナンスについて】
BGはどうしてもフラグメンテが必要です。
2〜3日に一度はジャイロ補正は掛けて下さいね!キャリブレーションはしなくても大丈夫です。
昔は両方セットで掛けていましたが今は大丈夫です。

ROLLが斜めになったり、PITCHが正面を向くが少し経つと上を向いてしまう!そんな時はジャイロ補正を掛けると直ぐに直ります。

暴れる場合はエンコーダー再設定やキャリブレーションが必要だと思います。それでも復帰しないときは配線を疑って下さいね。

以前にも書きましたがジャイロ補正はカメラが正しい位置をキープしなくても大丈夫ですからね!
斜めでも動かない状態で掛ければOKです。

【設定完成度の見極め方法】
これは簡単なんです。
例えば20メートル走りながらパンニングして下さい!その絵を見て振動がほぼ出ていないのであれば完成です。
もしも振動を拾う場合はYAWモーターPIDのDを上げていって下さい。それでも消えないときはPも上げて下さい。

以前私は振動や音を感じながらも強い設定で撮影をしてきましたが、今はモーター音や振動を感じること無く撮影出来るようになったのは嬉しいかぎりです(^^)
私もできたのだから貴方もきっとできます!!!頑張って下さい。

ノーマルモーターの方はエンコーダーを100%と考えると60%位にしか完成できないかも知れませんがそれでも剛性の無いBGと比べれば遙かに安定します。
エスモンの様なシンプルな形状は何時の時代でも飽きが来ませんので末永くお使い下さい。

【最後に最新GUI2.58b9について!】
設定で気になるところがあります。
最新の詳細タブはこんな感じです。
SimpleBGC_GUIApp105
これは以前のGUIです。
SimpleBGC_GUIApp107
この高感度ジャイロが消えています。
ここはPIDのPとDを2倍に増やす設定です。しかし最新のGUIでは消えています。もしかすると2倍に増幅してないかもしれませんね。

これはご自身でテストして下さい。もし弱いのであればPは上げないとダメな可能性があると思います。これだけ言えるのはこの最新版はアルゴリズムが変更されている感じがしますよね。

最新版に以前のprofileをコピーして、それを読み込もうとしてもエラー出て完了出来ません。
こんな時は機械に入っている設定を新しいGUIに一度保存する必要があります。
このバージョンはここは100〜200を入れた方が良いのではと考えています。
SimpleBGC_GUIApp106
近々テストしてみて大幅な変更があればご報告しますね!


もし設定でどうしても解決出来ないときは直接メールでご相談下さい。
少しのアドバイスはいたします。

以上です、お疲れ様でした!

追記です!
私の最新設定はリンクファイルにアップしてありますので参考にして下さい。
Finder017
一番左がノーマル・右3個は強い設定です。一番右はPとDが増幅されていない場合はPはここまで有りです。
一般の方にはこのデータは公開しませんが、時期が来れば公開しますm(_ _)m
ご覧に入れているノーマル設定とは大きく変わってしまっているので戸惑ってしまうと思います。

私の設定はエスモンに特化した設定ですので、一般の方は初回に掲載したGUIを参考に設定して下さい。

メンバーの方は私の設定に驚かなくても大丈夫ですよ!あの走り巧者のeijiさんもDを上げろと言っているので間違いないと思います。

以上です。