お世話になります。
2.59b0の調整方法が解りました(^^)
調整のコツを理解して下さい。

その前に、私がGUI設定をダウングレードした時は一緒にやって頂いている方には大変ご迷惑をお掛けしました。新しいGUIでもやれますのでアップグレードして下さいm(_ _)m

これは前回の基本タブです。
SimpleBGC_GUIApp131
 PIDとモーター設定はこの通りでもいけますので、後は自分拘りの数字にして下さい。

適応PIDゲインコントロールは以下にして下さい。今のところではこの数字が有効と考えています。
SimpleBGC_GUIApp132
やはりこれがカギを握っています。
この値に拘っているとどうしても滑らかになりません。
SimpleBGC_GUIApp133
 ここに以下の数字を入れて見ます。
SimpleBGC_GUIApp135
 YAW軸がグラグラです。
27
 実際にYAW軸付近を摘まんで左右に動かすと実感できます。
3軸共そうですが、このYAW軸はなるべくカチカチにしないとダメです。

今ままではここで諦めていました。しかしあるところを調整すれば変わるんです。

今まではこんな感じでした。
SimpleBGC_GUIApp136
これを以下の様にする変えると遊びが減少してカチカチ感が出てきます。
SimpleBGC_GUIApp137
デットハンド角を小さくするだけで改善されます。しかしこれだけだと動く反応が早すぎますので、エクスポカーブの数字を70位に上げてみましょう!何時もの使用感になると思います。

なので以下の様な数字を入れて見てエクスとカーブやデットハンド角を調整すれば強くて滑らかな設定が可能になります。理想は2付近に近づけたいよね(^_^;)
SimpleBGC_GUIApp134
その時、動き出しや止まり際を滑らかにするのに有効なのがLPFです。
SimpleBGC_GUIApp138
スピードやLPFを変えて、自分好みの動きを完成させて下さい。

電源入れたと時やメニュー切り替え時にパワーの掛かったガクンと言う感じが好きになれない人は
以下の様にすると無くなります。
SimpleBGC_GUIApp139
YAW軸に小さい数字を入れれば完全に無くなります。他の軸も変な動きの場合は数字を下げて下さい。
新しいGUIではPIDを変更する必要は無くなりました。ここで調整出来ますよ。

但し、エスモンで走り撮りをする人はGain multに0.5とか入れるとYAW軸がスリップ現象を起こしてダメかも知れませんのでご注意下さい。
大丈夫だとすればエスモンプレミアムだけかもしれません(^_^;)

要は今回の考え方を理解すれば最新2.59b0でも調整出来ます。

フィルタータブ関係が優秀になっていますのでチャレンジするのも良いと思います(^^)

PWM接続ではノイジーになりやすいし、エンコーダーの性能も落ちます。ですが今の段階ではこれが私達に与えられた最善のものですので、良い方向に考え方を変えて付き合っていいきましょう(^^)

私が無知なために皆さんを翻弄させました、ごめんなさい<(_ _)>
このGUIでは完全にモーター音や駆動音も消えますので使って下さい。

因みにリンクファイルにアップしてありますので参考にして下さい。
パワー設定とノーマル設定の2個あります。
BlogPaint

Gain multを下げただけでノーマル設定に変わるのが理解できると思います。

以上です。


追記!
質問の答えです。
モーター設定は基本的にはロックモードでやって下さい。エンコーダータイプの方はエンコーダーも無効にしないと上手くいきません。
正常な動きは、自分の前にBGを置いた時ですが、ROLLは左に傾き復帰して右に傾き復帰します。
PITCHは上を向いて復帰して下を向いて復帰します。
YAWは左に向いて復帰して右に向いて復帰します。
この動き方が正常です。磁極数が変更されたときは自分の数字を入れ直して下さい。