お世話になります。
私の注文し直したカーボン材はいったいいつ来るのでしょうか!?いい加減な国を相手にするのは忍耐が必要なのでしょうね(T_T)

さて、4軸化装置ですが着々と進化しています。
44
例の15度以上方向けると機能しなくなる現象を改善するためにこんな物を取り入れました。
45
リニアベアリングを使うことで大幅な改善が期待できます(^^)
心棒が13ミリタイプと16ミリタイプを用意しました。
先ずは軽い13ミリタイプで製作しています。

可動範囲を多少でも広げるためにグリップは3分割にしています。
49
このボタンはストッパーです。
53
このボタンは必要不可欠です。
バネの反動や戻りが予想以上の動きをするときに押して調整します。これは魔法の補助手の役割をしてくれます。これによってオール片手操作が可能になりました。

この機能で一番役に立つのが走り撮りです。軽く抵抗を掛けてやり走ると、バネを強化した状態が起きて程よく上下動を吸収してくれます。
前回のテスト動画ではお目に掛けていませんが、標準レンズで走っても効果が出ていました。

この突起が回転を抑えてくれます。
07
これで片手でのフォローモードができるようになります。

これはお尻側の3/8ネジ穴です。
16

こんな感じになります。
47
14
今週アルミの丸棒が来ますので、それを加工したらプロトタイプの完成です。

だいぶ進化してきたでしょう(^^)
前はこれですから!
48
早く結果が知りたいです(^^)

以上です。



 
追記です!

旋盤加工してみましたが、径の寸法ミスでベアリングに入りませんでした(T_T)
旋盤加工を舐めたらあかんぜよ〜! 
14
 要はこんな感じのシリンダーを作ります。
やり直しです。