お世話になります。
初めてBGを使う人にとって簡単易しいBGと言えばDJI OSMOだと思います。
Google Chrome112
上の写真の物がX3です。これで満足できる人はそれで素晴らしいこだと思います。
3軸の最高ウエポンです。

人間は一つの欲求が叶うと、次を望むものです。

その一つはX3の画質が気になるようになります。
夜でのノイス感とGopro的使い方しかできないことに気付き不満を持ちます。

それと撮影すると気になり出す上下動です。このピョンピョンは何とかしたいものです。

しかしDJIはそんな悩みにも対応しています。凄い〜!
画質向上ではX5やX5Rを使うことで背景をぼかして一眼レフ撮影が可能になります。

それとZ-Axisです。
上下動を軽減してくれる装置です。これにより見ていて気持ちの良い撮影ができるようになります。

でも、X5でZ-Axisを使うと重すぎてバランスが取れません(T_T)

そこでご紹介したいのがZ-Axisのカスタマイズです。これをすればX5で最高の4軸補正撮影が可能になります。

やり方です。純正品はこんな感じです。
P1000063
先ずは対角線のビスを外します。
P1000064
外すのには1/16インチの6角レンチが必要です。2mmのレンチでも可能です。
P1000065
外すとこんな感じになっています。
P1000066
こんな感じで2箇所外します。
P1000067
この穴の形状に合わせてこんな物を作りました。
P1000068
この3点セットで1箇所分です。
P1000071
それをこんな感じで使います。
P1000070
取付後です。
P1000072
バネはこれを使います。長い方はX5用で短い方がX5R用に使います。
P1000073
しかしここでZ-AxisはX5Rで使えないことが判明しました(T_T)
Z-Axisの中にある薄い配線だと4KRAWではオーバーロードで使えません!
プレビューは殆ど見られませんし、データもコマ落ちだらけです。お前はタイムラプスか〜!と叫びたいです(T_T)

バネを取り付けます。実際は引っかけるだけです。
P1000075
こんな感じになります。その後、反対側も同じ事をすれば完成です(^^)
P1000074
こんな感じです。
P1000076
これでX5で4軸の素晴らしい映像を楽しむようになれるんです。
P1000077
これで終わりだと思いましたが・・・またもや高い壁が現れました!!

それはバッテリー問題です。
X5はまだ触っていないので解りませんが、X5Rでは繋ぎっぱなしで15〜20分が限度です。
これでは頂けませんのでこんな物が必要になります。バッテリーエクステンダーです。
Google Chrome110
それでエクステンダーもカスタマイズします。
P1000081
上のでX5R用では間に合いますが、大容量のバッテリーをバックに入れて使う時用に延長コードも作りました。
P1000080
P1000079
バックに入れて使う時はこの大きいバッテリーを使います。
P1000078
その他の時はこれを使います。
P1000084
このBOXに仕込みます。
P1000082
P1000083
こんな感じで使うか、
P1000085
こんな感じです。
P1000086
私の場合はZ-Axisをこんな風にカスタマイズしました。
P1000061
全体はこんな感じです。
P1000087
携帯用の外付けバッテリーを付けています。マジックテープで簡単脱着です(^^)
P1000058
それからOSMOでは広角レンズが24mmしか無いと思っていましたが、鉛でバランスを取ってやればOLYMPUS 9-18mmレンズが使えることが解りました。
P1000057
これで一通りの撮影が可能になりました。

実はこれも取り付けて見ました!
P1000062
重量765gです。これをBG用として使うのは断念します(^_^;)
これは固定での撮影用で使うことにしますね。

4KRAWはデータ量が大きいので1個のSSDでは厳しいです。最低予備1個は必要でしょう。
P1000088
私はここまで拘りましたが、普通はX5RではなくX5までで良いと思います。

最後にX5をお持ちか又はこれからX5にアップグレードする方を対象にDJI Z-Axis用のカスタマイズキットを10台分作ります。
興味のある方はお問い合わせ下さい。

実際はX5が到着したら私がテスト撮影して、納得してからです。

以上です。




【追記です】

 バランス調整に使うものです。
ゴルフ用の物が使いやすくて良いと思いいます。完全にバランスを取りにはカメラ後ろに30g必要です。
P1000089
BlogPaint
この鉛を52φの下書きを書いてハサミで切り抜きます。オリ9mmの状態でバランスを取るのには2枚と半分ちょいでピッタリです。OSMOのモーターは強い設定になっているので軽く頭を下げた状態でも問題ありません。
ここに貼っています。
P1000093
ROLLのバランスも取りたい場合はここに27φの鉛を2枚貼ればOKです。
P1000092
私は1枚とアームに貼ってバランスを取りました。
因みにこの鉛は0.5mm厚です。

拘りたい場合は、先に貼り合わせをしてから丸にカットした方が綺麗です。もっと拘るならば黒のカッティングシートなどを貼ってからカットするとより良くなると思います。

オリの12mmを取り付けてもバランスは取れていませんが完璧に機能していますので、6割のバランスで十分だと思います。

以上です。