お世話になります。
今回はクレーンジンバルについてです。
 ヘッドの部分はこんな感じです。
写真 2016-10-26 22 37 23
 ここがスイッチやジョイスティックです。
写真 2016-10-26 22 37 44
 三脚はマンフロット物を使っています。
写真 2016-10-26 22 38 00
 ここ数日間色々試してみました。

このジンバルの剛性は大丈夫か?
もちろん大丈夫です。

バッテリーの持続時間は?
4〜5時間の撮影が出来ます。予備バッテリーも最初から付いていますので8〜10時間になります。

モーターのパワーは十分か?
見ての通り十分です。
パワーはメチャ有るね! pic.twitter.com/T2PasjH5fW

このジンバルで走り撮りまで可能か?

カメラしだいになりますかね!α6300ではダメです。カメラに手ぶれ補正の付いているカメラなら大丈夫です。例えばα7S2などです!


動画を見れば解りますが、保持力が足りないんです!!
このコントローラーは駆動している時は凄いパワーを発揮しますが、ニュートラルゾーンに入るとパワーが減少してしまいます。
それなら設定で上げたいのですが、このジンバルは設定でパワーはいじれないみたいです(T_T)
何事も一長一短と言うことですかね!?

5軸手ぶれ補正のカメラを使えば解決できるのか?と言うことでテスト撮影をしました。

QuickTime Player115
この斜めに動かしているのはフォローモードでジョイスティックを使っています。
QuickTime Player116
フォローモードから後ろに向けて撮影しています。
QuickTime Player117
チルトアップとパンニングを試していました。
QuickTime Player118
このシーンはスラロームをしてYAW軸のパワーチェックをしました。
QuickTime Player119
走り撮りからの階段下りシーン!フォローモードの動きをチェックしました!
QuickTime Player120
苦手な階段掛け登りのシーンもチェックのため撮りました。
QuickTime Player121
これも走り撮りのシーンです。
QuickTime Player122
唯一のソフトクリーム型での走り撮りです。
QuickTime Player123
これも唯一のロックモードでの走り撮りです。
QuickTime Player124
このシーンは激しい動きに付いてこられるかのテストです。このジンバルは瞬発力のポテンシャルは相当な物です。
QuickTime Player126
最後のシーンですがこの石畳は走りづらいので、コケ掛かっていました(^_^;)
QuickTime Player127
今回は殆どのシーンがフォローモードで撮りました。YAWモーターの滑らかさの調整が今一つでしたが満足のいく結果でした。

で、撮影したのがこれです。


もしこのジンバルを購入した方はこのリモコンも購入することをオススメします。
BlogPaint
予備のバッテリーが欲しい方はアマゾンでパナの類似品が購入できます。
BlogPaint
このZhiyun Crane用のZ-Axisを開発します!吊り下げとソフトクリーム型両方対応な物を考えていますのご期待下さい。
Z-Axisがあれば70㎜レンズでも100㎜レンズでも気兼ねなく使えますね!
撮影の幅が出ますよね〜〜!センスは別ですが・・・(^_^;)

このジンバルの使い方は次の機会に紹介します。

66,000円で買えるジンバルは条件をクリアできれば走り撮りまで使えるジンバルです。

以上です。