お世話になります。
今回はZhiyun Craneの良いところ悪いところのチェックをしてみました。

電源はボタンを1.5秒押す!
Google ChromeScreenSnapz001
そして放す!黄色い点灯がすれば成功です!
Google ChromeScreenSnapz002
起動すると青色に変わり絶えず点滅しています。
Google ChromeScreenSnapz003
私はLEDの2回点滅がきたら即止め!で良いと思います。

モード切り替えについて!
Google ChromeScreenSnapz004
ワンクリックごとにロックモード・セミロックモードをループします。
Google ChromeScreenSnapz005
ダブルクリックでフォローモードになります。

動画に無いですが、3クリックすると180度反転して自撮りモードになります。同じ事をもう一度繰り返すと元に戻ります。
4クリックしても5クリックしても6クリックしても、自撮りモードのくり返しになります。

キャリブレーションについて
Google ChromeScreenSnapz006
こんな図解が出てきまして、それに習ってやれば進んでいくのですが、解りにくいです。
Google ChromeScreenSnapz007
要はやる順序を覚えるのが大切で、面々をキッチリ固定してやれば完了します。

このジンバルの良いところは動画の通りです。
Google ChromeScreenSnapz008
悪いところも動画の通りです。
Google ChromeScreenSnapz009
握り方について!
ソフトクリーム型の場合はいかにYAW軸に負荷を掛けないかを気を付けて下さい。
Google ChromeScreenSnapz010
これはAlexのコントローラーにも言えることです。

反転モードについて!
Google ChromeScreenSnapz011
なんで吊るのか?この意味は吊す状態で手首が使えるようになります。そうすると手首がショックの役目にもなって、上下動を軽減してくれます。
やれば解る!メチャ安定します(^^)

オススメクイックシューについて!
Google ChromeScreenSnapz012
アップだとこんな感じです。
写真 2016-11-06 22 35 23
写真 2016-11-06 22 35 33
ちょっとお高いのですが、このジンバルを使う人は必要だと思います。
カメラバランス時に凄く助かります!!

このジンバルはシングルIMUだと思います。走ったりして急激に旋回とかするとセンサーが認識できずに斜めになります。

だとしても〜〜!安価だと思います。

で、その動画がこれです。
 
これを観て使えるな〜と思った人は、是非使って下さい。

初心者とAlexのコントローラーが苦手な人はこのジンバルしか無いでしょうね〜!

私の場合です。
私ならPilotfly H2が良いと思います。モーターのあそびが少ない、剛性がある、エンコーダーのIMUセンサーが14bitで優秀なところです。
こんなジンバルを見ると私の自作ジンバルの終わりを感じました。

H2はPITCHモーターにIMUセンサーが配置されています。本来はカメラプレートにあるのがベストなのですが、PITCHモーター側にあるので重いカメラを載せた時などに若干カメラが傾いたりしても感知しにくいと言う欠点もある。速い動きをしたり、走ったりするとROLLが傾く可能性も大いにあります。なのでキッチリ6面のキャリブレーションはした方が良いと思います。

メーカーのキャリブレーションはZ軸だけしかやらないのは気になりました。

以上です。